はじめに(基本の共通作業)

2019年2月22日

いきなり、パソコンに向かってもブログは書けません(^^)
お家を建てるのに設計図が不可欠なように、ブログにも設計図や工程表は必要です。
設計図なしで建てると、あとで傾いたり雨漏りしたり(ノ△・。)
増築や改築の可能性はありますが、土台作りはなによりも大事です。
手を抜かずにしっかり取り組んでください。

 

ブログ作成の前に(準備編)

テーマとターゲットを決める

「ネットビジネスは飽和状態」という言葉も聞かれます。インターネットを巡るとブログも解説サイトも溢れるほどあります。なにか調べものをしようと検索すると、親切で丁寧な解説サイトがいくつも見つかります。

「これから、この世界に参入しても入り込む空きはないんじゃないのかなぁ」これはブログ構築を思い立って、ネットを眺めた時の私の心の声です。

でも、そこで「やめよう」とは思わなかったのです。

自分の書こうとした記事内容は他のサイトで、ものすごっく詳しく、専門知識も交えて解説してありました。デザインもかっこよくとても太刀打ちできないと感じました。でも「私は私のやったことを書こう」そう思って作りはじめました。

気をつけたこと、

・できるだけ専門用語はつかわない
・専門用語を使う場合はわかりやすい注釈をつける
・手順は順番をしっかり記載する
・手順を省かない、画面ななるべくキャプチャー(撮影保存)する
・自分の感想や、実行時のエピソードを加える

そうして作成したブログ記事は3ヶ月後、自分がその記事を作成する時に参考にした検索結果のページ上部に表示されるようになりました。(検索結果は日々変動します、次々と最新の情報、より有益な記事が出てきて、私の記事もすぐに埋もれてしまうかもしれません)

なにが言いたいかというと、

「飽和状態はおこりません」

「あなたがこれから書こうとする記事を待っている人がいます」

 

テーマを決める

まず、何を書くのかのテーマを決めます。目的は購読者を集めるため、なので日記やエッセイ等の他人が関心のない記事を書いても人は集まりません。(アイドルや有名人になれば話は別ですがね)

ネットを覗く人は、無目的に眺めるというより、なにか調べたいこと,知りたいことがあって訪れます。
検索の機能を使って、キーワードを元に目的のページを検索します。そういう人にとって有益な情報、為になる情報、読む価値があると思われるテーマが必要です。
でも、自分の全く知らないことや興味がないことを調べて記事にするのは難しいし楽しくないですよね。

・自分の趣味
・自分の経験や専門知識が活かせること
・自分の好きなこと
・自分がやりたいこと

など、自身の為にもなり、他人の役にもたてるテーマを探してください。

どーしても、「なにもないよ〜」という方は

奥の手です、これから始める「ブログを作成して収入を得るまで」に取り組む奮闘記の記事を書いてはどうですか(^^)

*実は、このブログ「applired.net」こそが「ブログを作成して収入を得るまで」の課程を記事にしています、このままそっくりマネをしてとは言いませんが、一つのモデルにしていただけたらと思い作成しています。ブログを作成したいと思った方ならどなたでも書ける記事です(^^)

 

ターゲットを決める

どんな年代の人に、どんな環境の人に、どんな考えの人に、自分の書く記事を読んでもらいたいのか、さらに最終的に自分が勧めたい品物や商材、のジャンルなどを決めます。

それによって、記事の内容や表現方法が変わるからです。

おすすめは自分と同じような人ですね。他人が理解できるかどうかを測るのは難しいですが、この記事を読んで自分なら理解できるか?迷わないか?の判断は比較的容易です。自分と同じようなスキルや思いの人に対して、自分が魅力的と思えるような内容の記事なら誰にでも書くことが可能ですよね。

可能性は無限大なので、しっかり考えましょう。

 

コンセプトを決める

難しいことばですが、「理念」これは曲げたくないという「信念」です。
これが明確でないと、全てが迷走してしまうのでしっかり自分と向き合い考えましょう。

 

 

準備(書くことを決める、探す、集める)

テーマとターゲットを踏まえてブログ記事を書きます。

タイトルを決める

上記で述べたように、ネットを訪れる人は、検索サイト(グーグルやヤフー)を介してキーワードを元に検索し、読むべきサイト(ブログやホームページ)を探します。

なので、タイトルを決めるときは検索されやすいキーワードを意識する必要があります。同じ内容が書いてある記事を参考にしてもいいですが、自分の決めたターゲットに魅力的と思われるキーワードを含めるのも大事です。最初から「ぴたっ」とくるタイトルを考えることは難しいかもしれません、記事をたくさん書くなかでコツをつかんでいってください。

 

イメージ画像を探す

イメージ画像:タイトルの雰囲気にふさわしい写真やイラストを探します。

<おすすめサイト>
*主に無料で利用できるサイトです、利用方法によって有料の場合もあります。
↓↓↓↓↓↓↓(クリックすると各サイトへジャンプします)

IllustAC(イラストAC)

PhotoAC(写真AC)

いらすとや

ただピク

Pixabay

他にもまだまだたくさんあります。

 

キャプチャーを準備する

キャプチャー:スクリーンショットとも呼ばれますが、パソコンの表示画面をそのまま写真を撮るように保存した画面のことです。説明や解説のブログではできるだけ用意しましょう。

<キャプチャーの撮り方と編集>
●Mac用「Skitch」
↓↓↓↓↓↓↓(クリックすると解説サイトへジャンプします)
画像に矢印やモザイクを入れるMac用「Skitch」のインストール

画像に矢印やモザイクを入れるMac用「Skitch」の使い方

 

●Windows用「Screenpresso」
↓↓↓↓↓↓↓(クリックすると解説サイトへジャンプします)
パソコンの画面を保存して矢印とか説明を入れる「Screenpresso」の使い方入門編

 

記事を書くポイント

わかりやすく、購読者目線でが必須です。

私の個人的な思いですが、たくさんあるサイトの中で購読者を集めるためには、「あなたらしさ」の表現が大事だと思います。

同じことを書いた多くのブログ記事の中から選んで読んでもらう、さらにはお気に入りに登録してもらい継続のユーザーになってもらう、その為にはなにか個性を打ち出した方が「あなたらしさ」に共感したファンができるのではと思います。

読者を無視してあらぬ方向へ走るのは言語道断ですが、せっかく構築する自分の世界です。自分らしさを表現する工夫をしてみてください。「あ、この雰囲気好きだ」と思ってくれる人がいるはずです。

基本的なルールと礼儀をおさえつつ

・笑いのとれるゆるゆるキャラになりきって記事を書く
・辛口、強気を武器に上から目線の記事を書く
・年配の方はその人生観が滲み出る文体にする
・学生の方はタメ口満タンのフレンドリー記事にする
・ブログの雰囲気を会社風にしたり学校風にしたり世界観を創る

などなど、あなたが思いついて楽しそうとワクワクするのならトライするべきです。同じような画面同じような記事がならんでも「なんだかなぁ〜」と思ってしまう今日このごろ、「おお!やるね!!!」という記事に出会えるのを楽しみにしています。

 

*ここまで書いて何ですが、「記事の基本」は、検索語句を入力してあなたのブログを探しあてた読書さんの質問や問題に回答するまたは解決することをが第一優先です。
それが、なおざりになる個性はかえって逆効果です、どうしても自身の個性が見えてこない場合は、一旦個性の話は置いておいて、「記事の基本」を外さない記事を書いてくださいね(^^)

 

 

ブログを作成する(作業編)

どのテーマを利用する場合も以下の操作は共通です。

レンタルサーバー契約

↓↓↓↓↓↓↓(クリックすると解説サイトへジャンプします)
レンタルサーバーのエックスサーバー新規契約方法、機能紹介と申し込み(仮契約)

↓↓↓↓↓↓↓
レンタルサーバーのエックスサーバー新規契約方法、料金支払い(本契約)

 

ドメイン契約と設定

*必須ではありませんが、ビジネスとしてのブログ作成であれば準備しましょう!

↓↓↓↓↓↓↓
独自ドメインを取得する、エックスサーバーのキャンペーンドメインの申請と簡単設定

 

WordPress構築

↓↓↓↓↓↓↓
WordPress(ワードプレス)のインストール方法[初心者向け]、エックスサーバーの「WordPress簡単インストール」を利用

 

ここから先は、それぞれのテーマ別に解説しています。

 

Luxeritasで作ろう

↓↓↓↓↓↓↓(画像をクリックすると専用サイトへジャンプしますキャプチャー、ルクセリタスタイトル

超初心者向きです、デザインのカスタマイズも簡単にできます。
*HTMLやCSSの知識がなくてもデザインのカスタマイズある程度できます
まず、最初の一歩のブログ作りのお勧めです(^^)

りんごの作成したサンプルページ
↓↓↓↓↓↓↓
【サンプルページURL】 https://applired.xsrv.jp/

 

 

Cocoonで作ろう

↓↓↓↓↓↓↓(画像をクリックすると専用サイトへジャンプします)キャプチャー、コクーンタイトル

機能満載、カスタマイズの可能性が無限です。
プラグインを利用しなくても多彩な機能が組み込まれたブログが作れます。
*デザインのカスタマイズにはHTMLとCSSの作業が必要です。

りんごの作成したサンプルページ
↓↓↓↓↓↓↓
【サンプルページURL】 https://applired.xsrv.jp/cocoon/

Posted by りんご