SEO対策基本項目は手を抜かないことが大事

2019年10月30日

ブログ「サイト」のSEO対策は、いわずもがなGoogleの検索エンジン対策です。時代とともに移り変わるGoogleの検索システムですが、現状で抑えたい基本項目をおさらいします。
これをやらずして、いくら高度な対策をこうじても効果は望めません(あくまでも個人的な意見です)りんごは、最大限努力しています(^^)。

【ブログ全体の構造(構築)部分に関する対策】

レスポンシブWebデザイン
常時SSL化
ページ速度の改善(向上)
URLの統一(正規化)
リンク切れの管理

【ブログの記事(内容)部分に関する対策】

情報の正確性
内容の専門性や独自性
コンテンツの量や記事のボリューム
ユーザー目線での記事作成
継続した運用とコンスタントな記事投稿
メニューの完備(プロフィール、お問い合わせ等)
まとめページや関連記事へのナビゲーション

 

では上記の項目について、もう少し詳しく解説します。

 レスポンシブWebデザイン

パソコン、タブレット、スマートフォン、どのデバイスでも快適に閲覧できることが必要です。
 [レスポンシブなWebデザイン]はWordPressで適用するテーマを利用することで、可能です。難しい設定も不要です。

WordPressのレスポンシブ対応テーマを使用する

*以前はモバイル用のWebページを別途作成する必要がありましたが、現在は一つのURLで画面のサイズにあわせてレイアウトを調整し表示される機能が標準になりました。WordPressではほとんどのテーマでレスポンシブ機能が搭載されています。

 

モバイルのデバイスでも表示確認をして、改行等を調整する。

*ただし、記事を書いたり画像を挿入したりした際に、改行やレイアウトの設定でモバイルで読みにくい(やたらと改行される等)の表示になる場合があります。

記事を作成したら、必ずスマフォなどのモバイル端末での表示も確認して、調整しましょう。

 

常時SSL化

常時SSL(Always On SSL)化とは、サイト内のログインページやフォームなどの特定のページだけでなく、すべてのページをSSL化することです。つまり、サイト内のページすべてのページをHTTPSで表示させることを言います。常時SSLが推奨されるわけは、通信の最初から最後までを全て暗号化しないと、利用するユーザーの個人情報やログイン情報を守ることができないからです。常時SSL化のサイトではトップページを開いた時点からブラウザのアドレスバーに鍵のマークが表示され、情報が守られいる安全なサイトだということを証明してくれます。常時SSL化の一番のメリットは訪問者に安心を提供することだと思います。

常時SSLの設定方法は以下の記事で解説しています
*環境はエックスサーバー、WordPress使用での設定方法です。

WordPress(ワードプレス)を常時SSL化する方法、httpからhttpsへ変更する手順を順番に解説

「Cocoon」を使う、常時SSL化は最初にやった方が楽

 

ページ速度の改善(向上)

最近のGoogleの評価には、サイトの迅速な表示が求められています。表示の早さはSEOの評価をあげるポイントと考えられます。
Cocoon設定には、高速化の設定画面が設けられています。

*この内容の詳細は以下の公式サイトの記事を参照ください。
Cocoonおすすめのサイト高速化設定 (Cocoon公式サイト)

りんごのブログ記事でも記載しています。
↓↓↓↓↓↓↓
Cocoonで出来る高速化設定

 

URLの統一(正規化)

例えば、以下のURLはすべて同じサイトを表示させますが、(URLはダミーです)

wwwあり

https://www.applireed.net

www なし

https://applireed.net

index.htmlあり

https://applireed.net/index.html *wp使用は無

http

http://applireed.net

https

https://applireed.net

これらのパターンのURLを、検索エンジンは「複数のページで同じコンテンツが書かれている」=重複コンテンツと判断する可能性があります。

最悪の場合、評価が分散されたり、検索順位が低下したり、ミラーコンテンツとしてペナルティが課せられる場合もあります。

URLの正規化とは、canonicalタグを変更したり、301リダイレクト設定を行なったりすることで、URLの評価を統一することです。

*設定方法は以下を参照ください
投稿・固定ページのcanonicalタグを変更してURLを正規化する方法(公式サイト)

 

リンク切れの管理

リンク切れは、ユーザーに不快感や不便を直接的にもたらします。

リンク切れを防ぐには、ツールなどを利用した監視が便利です。リンク切れがあれば、その都度、URLを修正したりリンクの削除を実施しましょう。

リンク切れを監視してお知らせしてくれるプラグイン[Broken Link Checker]

 

その他SEO対策のためのプラグイン

そのほかにも、SEO対策用としてりんごが設定しているプラグインは以下です

*りんごは「Cocoon」ではなく「 Luxeritas(ルクセリタス )」というテーマを使用しています、SEO的に特別な理由はありません、ブログ作成時に「Cocoon」が正式リリースされていなかったこと、ターゲットとしているシニア層には「Luxeritas」の方が馴染みやすいと思ったからです。

使用しているプラグイン一覧

SEO対策プラグイン名前が可愛いプラグイン[WebSub/PubSubHubBub]

PubSubHubbub(パブサブハブバブ)は、機能はブログの記事を追加したり、更新したりした時に、その情報をGoogleに通知してくれるプラグインです。

 

SEOの助っ人サイトマップ作成プラグイン[Google XML Sitemaps]

「Google XML Sitemaps」は、検索エンジン用の「XMLサイトマップ」を自動で作成してくれるプラグインです。

 

画像の圧縮をして容量を最適化するプラグイン[Ewww Image Optimize]

ブログ内にアップロードした画像を最適なサイズに圧縮してくれるプラグインです。

 

 

Posted by りんご