Webアクセシビリティのガイドライン「JIS X 8341-3:2016」って何?「ウェブアクセシビリティ基盤委員会」とは

2019年12月6日

 Webアクセシビリティ(Webのバリアフリー化)に取り組もうとした時に、そのガイド(指針)となるのがウェブアクセシビリティ規格「JIS X 8341-3:2016」です。この記事では「JIS X 8341-3:2016」ってはなに?と思った方にその概要について紹介しています。Webアクセシビリティに取り組む際にこのガイドラインを遵守することが必ずしも求められるわけではなく、大事なのは「サイトを見る人&使う人」にとって障害のないページを用意することです。ただ、基盤となるガイドの存在は知っていた方がよいですし、せっかくならアクセシビリティへの取り組みを公表して評価されることも大事です(見る人には安心、作るひとには自信をもたらします)。

 ガイドラインそのものはすこし(個人的感想ではかなり)わかりづらい表現です、そこで実際運用する場合の解釈や判断の基準、チェック(検査)の方法や報告の仕方などを具体的に示してくれているのが「ウェブアクセシビリティ基盤委員会」のWebサイトです。一般的にWebアクセシビリティに取り組むためのガイドとして利用されています。

このブログでは、「JIS X 8341-3:2016」への適合をわかりやすく解説、個人レベルでの取り組みについての具体的な例を示しながら、紹介しています。

参考にしていただいて、是非できるところから実践してください(^^)。

 

ウェブアクセシビリティ規格「JIS X 8341-3:2016」とは

JIS X 8341とは

JIS X 8341は名前の先頭に[JIS]とあるように「日本工業規格(JIS=Japanese Industrial Standards)」です。
 「JIS X 8341は、日本工業標準調査会(JISC)が制定した、情報通信における機器、ソフトウェアおよびサービスの情報アクセシビリティを確保・向上するために、企画・開発・設計者および経営者が配慮すべき具体的な要件がまとめられた標準規格です。

情報アクセシビリティとは高齢者・障がい者等が、情報通信における機器、ソフトウェアおよびこれらによって実現されるサービスを支障なく操作または利用できるよう配慮することを意味しています。

規格番号の”8341”は「やさしい」を数字にしたものです(^^)

 

JIS X 8341-3とは

上記のアクセシビリティに関するJIS規格の中が細分化されていて、Webに関する規格をとりまとめたものが「-3」、

「JIS X 8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ)」として、高齢者や障害のある人を含む全ての利用者が、使用している端末ウェブブラウザ支援技術などに関係なく、ウェブコンテンツを利用することができるための基準が定められています。

 

JIS X 8341-3とは:ウェブアクセシビリティ基盤委員会より転記

『JIS X 8341-3:2016』の正式名称は、『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ』という。この規格でいう「ウェブコンテンツ」は、ブラウザや支援技術などのユーザエージェントを介して利用者に提供されるあらゆるコンテンツを指し、次のようなものが挙げられる。

  • ウェブサイト
  • ウェブアプリケーション
  • ウェブシステム
  • 携帯端末などを用いて利用されるコンテンツ
  • イントラネットの業務用システム
  • 電子マニュアル
  • CD-ROM などの記録媒体を介して配布される電子文書

 

「JIS X 8341-3:2016」とは

JIS X 8341は、2004年に発表されたのが最初です。
現在(2019年12月)は2016年に発表された「JIS X 8341-3:2016」が最新版です。

『JIS X 8341-3』改正の経緯  :ウェブアクセシビリティ基盤委員会のサイトより転記

『JIS X 8341-3』は、2004年6月に初めて制定された。2016年の改正に至るまでの経緯は次の通りである。

  • 2004年6月、『JIS X 8341-3:2004』が初めて制定された。国内外の既存ガイドラインなどを参考に,日本語特有と思われる事項も網羅した独自の指針であった。
  • 2008年12月、『WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)2.0』がW3C勧告になった。
  • style=”list-style-type: none;”> 
  • 2010年8月、『WCAG 2.0』を包含する形でJIS X 8341-3が改正され『JIS X 8341-3:2010』となった。
  • 2012年10月、『WCAG 2.0』がそのまま『ISO/IEC 40500:2012』になった。
  • 2016年3月、『WCAG 2.0』がISO/IECの国際規格になったことを受けて、その一致規格となるように改正され『JIS X 8341-3:2016』となった。

ウェブアクセシビリティ規格「JIS X 8341-3:2016」の閲覧方法

JIS X 8341-3:2016の本体は、Web上で閲覧できます。
閲覧だけであれば、登録や申請は不要、無料です。ただし印刷や保存はできません。

以下のURLをクリックしてJISのサイトに行きます
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.jisc.go.jp/index.html

以下のサイトが表示されたら、
左メニューの一番上にある[データベース検索]で [JIS検索]の文字をクリックします。

キャプチャー、JIS規格TOPページ

画面が変わったら、JIS検索の欄で JISの文字の後ろの枠に「X8341-3」と入力して [一覧表示]のボタンをクリックします。
キャプチャー、JIS検索

検索結果が表示されます、JISリストの欄で[JISX8341-3]の文字をクリックします。

キャプチャー、一覧表示画面

 

JIS規格詳細画面が表示されます、「 X8341-3_001 (PDFファイル:2930KB 別ウィンドウでリンク) 」の文字をクリックします。

キャプチャー、PDFファイルの閲覧画面

閲覧の注意喚起画面が表示されませす、[OK]をクリックします。
キャプチャー、閲覧の注意喚起

 

別ウィンドウで、PDFファイルが表示されます。画面下にある操作ボタンでページ送りや拡大等ができます。
キャプチャー、PDFファイルの閲覧

このファイルは閲覧のみ可能で、印刷や保存はできません。また操作はページ下にある専用のボタンで行います。

 

Webアクセシビリティ基盤委員会のサイト

上記のJIS規格の内容は、実際に覗いてみても、複雑(理解が難しい←あくまで個人的意見です)な文章で具体的にどうしたらいいのかを判断するのは容易ではありません。そこで以下のサイトで具体的な解釈方法と実際の検証方法について詳しく解説がされています、また検証後の報告の仕方等も具体的に示されていて一般的なWebアクセシビリティのガイドとして利用されています。

Webアクセシビリティ基盤委員会のサイトを表示させる。

以下のURLを、クリックします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://waic.jp/

キャプチャー、Webアクセシビリティ基盤委員会

 

サイトでは、Webアクセシビリティに関する様々な情報を入手することができます、[JISX8341-3]の解説や実際のチェック方法についていは、画面下部のガイドライン覧を閲覧します。
*「アクセシビリティとは」や「プロセス」も一読するとアクセシビリティの取り組み方がよくわかります。

キャプチャー、ガイドライン一覧

 

JIS X 8341-3:2016 達成基準について

JIS X 8341-3: 2016」には、「レベルA」、「レベルAA」、「レベルAAA」の3段階に分けられたレベルがもうけられています。各レベルごとに、満たすべき達成基準が定められています。

*達成レベルの考え方は、一つの項目に対して達成度合いが「A〜AAA」と判定されるように決められているのではなく、各レベル毎に達成するべき項目が定められていて、その項目を満たした場合にサイト全体としてそのレベルを獲得できるという仕組みです。
(レベルAは25項目、レベルAAは13項目、レベルAAAは23項目の合計61項目あります。)

達成の表現について

ただし、全ての項目を完全に満たしていなくても次のような表現でサイトの達成レベルを表示することができます。
キャプチャー、達成レベルの表記

なので、具体的なの達成表記は

レベルAに準拠」(レベルAの項目をすべてクリアーしている)
レベルAAに一部準拠」(レベルAの項目をすべてクリアーし、レベルAAを一部クリアーしている)
と言ったものになります。

 

実際の達成基準の一覧は以下で参照できます。

JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン(達成基準チェックリストの例)

また、簡易的な一覧表もあります。
JIS X 8341-3:2016 達成基準 早見表(レベルA & AA)

 

チェック(検査)実施方法と報告方法について

実際のチェック(検査)の実施方法と報告方法についてはこちらの記事を参照ください
↓↓↓↓↓↓↓
Webアクセシビリティ:チェック(検証)方法とレポート記載(報告)について、ガイドラインと実例集

*または上記のJIS X 8341-3試験実施ガイドラインを参照ください

 

最後に

Webアクセシビリティのガイドラインについてご紹介しましたが、個人レベルでのサイトについて上記のガイドラインに基づいた検証や結果報告が必要かどうかは、個々の運営されているサイトの規模やターゲット等を考慮してご判断ください。
 冒頭にも述べましたが、大切なのはガイドラインに準拠していることではなく、訪れるユーザーの目線にたったサイト(ブログ)作りがされていることです。
 ただ、アクセシビリティと調べると、「JIS X 8341-3:2016」についての記載はされていることが多いですし、サイト(HP)作成の業者等が実施するチェックサービスには必ず使用されている規格です。
ご覧いただいて、「少し難しいな」と感じる内容かもしれませんが、アクセシビリティチェックを勧める悪徳な業者にだまされて、何を調査したのかどこを改善したのかわからないままに高額の料金を請求されるといったことのないよう、正しい知識と正しい認識は持っておいていただければ幸いです。
 *アクセシビリティチェックを実施している業者さんはしっかりした経験と知識をもっている場合がほとんどです、悪徳な業者はほんの一部です、ただなにもかも丸投げにせずしっかり説明を受けて確認することをお勧めします。

 

Webアクセシビリティ対策はできるところから今すぐ始めましょう

このブログでは、具体的なWebアクセシビリティの取り組みについてわかりやすく解説しています。
*可能な限り「JIS X 8341-3:2016」への対応方法も併せて記載しています。
↓↓↓↓↓↓↓

最後にもう一度、Web(サイト)でのアクセシビリティとはなんなのか?

一般的な認識は「視覚障害者向けの音声読み上げソフトに対応したサイト作成」といったイメージが強いかと思いますが、どちらかと言うとバリアフリーやユニバーサルデザインと同じような考イラスト、車椅子と階段え方で、「年齢や身体的条件を問わず、誰でもウェブで提供されている情報にアクセスして利用できることを指します。

もっと具体的に言うと
・小さい字が見えにくい
・薄い(コントラストの低い)字は見えにくい
・ボタンや、導線のわかりづらいページは操作ができない
・マウスの操作は慣れていない
といったごく普通のシニアの方がかかえる障害があっても、見てわかりやすい&操作がしやすいページを用意することです。

*このブログではWeb作成上の具体的な内容をひとつづつご紹介しています。この機会に取り組みませんか!

イラスト、車椅子とスロープ

↓↓↓↓↓↓↓(メニューバー「Webバリアフリーの勧め」からアクセスできます)
情報のバリアフリー化のための記事一覧