WordPress、画像の圧縮をして容量を最適化するプラグイン[Ewww Image Optimize]

2019年2月20日

EWWW Image Optimizer」はブログ内にアップロードした画像を最適なサイズに圧縮してくれるプラグインです。画像サイズを圧縮することで画像の容量を小さくすることができます。

投稿する記事の数が増えてくると、掲載した画像の枚数も増えてきます。画像ファイルが多くなるとサイトの表示速度が遅くなってしまい閲覧者のストレスになります。
結果、ブログを見る人が途中で見ることをやめてしまい、SEOの評価が下がる原因になります。

この「EWWW Image Optimizer」を使って画像の容量を小さくすれば、サイトの表示速度は速くなります。特に写真を多く扱うサイトでは有効です。

 

EWWW Image Optimizer の設定

インストール

ダッシュボード左メニューより [プラグイン]>>[新規追加]をクリックします。

キャプチャー、プラグイン

 

検索ウィンドウに[EWWW Image Optimizer] と入力します。検索結果に表示された「EWWW Image Optimizer」の[今すぐインストール]をクリックします。

キャプチャー、検索&インストール

[有効化]をクリックします。

キャプチャー、有効化

 

基本の設定

プラグイン一覧の画面がでます。
「EWWW Image Optimizer」の [設定]をクリックします。キャプチャー、設定

設定画面が表示されます。
*画面上部にデータ送信の許可を求めるインフォメーションが表示されます。任意で選択しますが、迷う場合は[許可しない]を選択しておきましょう。
キャプチャー、設定画面

 

各項目の設定です。

Basic タブ

Remove Metadata(メタデーターの削除) の箇所にチェックが入っていることを確認します。これはデフォルトでチェックされています。メタデータは写真に含まれる情報のことです、削除することで写真の容量が軽くなるだけでなく、位置情報など個人情報の流出を防ぎます。
*APIキーを購入すると有料機能で高度な圧縮機能を利用できるようになりますが、無料の機能の範囲でも大丈夫です。
キャプチャー、基本設定

ExactDN

特に変更はありません
キャプチャー、設定

Advanced

特に変更はありません
キャプチャー、設定

リサイズ

特に変更はありません
キャプチャー、設定

Convent

コンバージョンリンクを非表示にチェックをいれます。
[変更を保存]をクリック
キャプチャー、設定

WebP

特に変更はありません
キャプチャー、設定

これでこれから追加する画像についての設定は完了です。

 

既存でアップロードしている画像の圧縮

既にアップロードしてある画像の圧縮方法を解説します。
ダッシュボードの左メニュー [メディア]>>[一括最適化] をクリックします。
キャプチャー、一括最適化

一括最適化の画面が表示されます。
[最適化されていない画像をスキャンする]をクリックします。
キャプチャー、画像の圧縮

 

「○○個の画像の最適化の準備が完了しました」となります。
*実際にアップロードしている画像の個数より大きい数字が表示されます、これはWordPressの中でアップロードした一つの画像に対して数種類のサイズの画像が作成されているためです。

[最適化の開始]をクリックします。
キャプチャー、最適化

進行状態が表示されます
*数がたくさんある時は、時間がかかります。(時間がかかる時は残り時間目安が表示されます)キャプチャー、最適化中

 

「完了」と表示されたら、終了です
キャプチャー、完了

これで、EWWW Image Optimizerのインストールと設定は完了です。