WordPress、リンク切れ監視してお知らせしてくれるプラグイン[Broken Link Checker]

2019年2月20日

Broken Link Checkerは自分のブログから外部のサイトへのリンクを貼っている箇所をチェックし、でリンク切れがあるかどうかを知らせてくれるプラグインです。

URL(アドレス)の記載ミスだけでなく、いつの間にかリンク先が閉鎖された場合などリンク切れは常に起こる可能性があります。リンク切れは閲覧者にストレスを与えます、また重要な情報も伝わらなくなります。そういったリンク切れを一括チェックをしてくれます。

 

Broken Link Checkerの導入

インストール

ダッシュボード左メニューより [プラグイン]>>[新規追加]をクリックします。

キャプチャー、プラグイン

 

検索ウィンドウに[Broken Link Checker] と入力します。検索結果に表示された「Broken Link Checker」の[今すぐインストール]をクリックします。
キャプチャー、検索

[有効化]をクリックします。
キャプチャー、有効化

 

設定

プラグイン一覧の画面がでます。
「Broken Link Checker」の[設定]をクリックします。
キャプチャー、設定

設定画面が出ます。

一般」タブ

①チェックの頻度(タイミング):デフォルトで72時間になっています。
②メールで通知:チェック切れをメールで知らせてくれます。
③通知メールアドレス:リンク切れを知らせれくれるメールアドレス
*空白にするとWordPressの一般設定で入力しているメールアドレスに届きます
④リンクの調整:リンクエラー箇所のにリンク切れの表示をしてくれます。
*「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」にチェックをいれとおくと、取り消し線が表示されます。
キャプチャー、設定1

含まれるリンクを」タブ

チェックするリンクの対象を設定できます。
*デフォルトのままでOKです

キャプチャー、設定2

 

チェックするリンクの」タブ

チェックするリンクの種類を設定できます。
*デフォルトのままでOKです
キャプチャー、設定3

プロトコル&API」タブ

チェック手段を設定できます。
*デフォルトのままでOKです
キャプチャー、設定4

 

高度な設定」タブ

その他の項目を設定できます。
*デフォルトのままでOKです

[変更を保存]をクリックします。

キャプチャー、設定高度

これで設定は完了です。

 

リンク切れをチェック

リンク切れは自動でチェックされます、リンク切れが発生するとメールやダシュボードの表示で知らせてくれます。

キャプチャー、リンク切れエラー

 

リンクエラーの一覧が表示されます。
キャプチャー、リンク切れ

該当のURL(アドエス)マウスを持っていくと、下部に操作一覧がでます。[URLを編集]をクリックします。
*状況に応じて、リンク削除やその他の項目を選択してください。キャプチャー、リンク切れ

エラー箇所が表示されます。
キャプチャー、リンクエラー確認

ブログの画面でエラー箇所を確認します。
エラー箇所に取り消し線が表示されています。
キャプチャー、エラー箇所

エラーを修正し、[更新]をクリックします。
[再確認]をクリックします。
キャプチャー、更新

OKになりました。
キャプチャー、OK

 

リンクエラーがない時は以下の表示になります。
キャプチャー、リンクエラーなし

 

以上で「Broken Link Checker」の設定は完了です。