WordPress(ワードプレス)とは?なにができるのか、無料ブログとの違い、などをわかりやすく解説[初心者向け]

2020年3月31日

WordPress(ワードプレス)とは? そもそも何なのか?何ができるのか?、無料ブログとの違い!をわかりやすく解説しました。ネットビジネスやアフィエイトビジネスに興味をもって「ブログを作りたい」と思った初心者向けに、必要な情報を解説しています。

WordPressとはそもそも何?

WordPress(ワードプレス)とはなにか?というと、簡単に言えば「あなた専用のブログ」です。
通常のブログ…例えばアメブロなどは、「株式会社サイバーエージェント」が管理するブログです。なので、少しでも「株式会社サイバーエージェント」が「これ、規約違反だよね」と思えば、今日にでもブログを消されるリスクがあります。

でも、WordPressは別です、基本的にその運営においてどこかの管理を受けることはありません。あなた自身が管理運営する「あなた専用のブログ」なのです。管理者の不本意な判断によって消されるリスクもなく、あなたが自由に作成や更新をすることが出来るブログなのです。

 

無料ブログと有料ブログの違い

ブログを作成する場合、「無料ブログ」を利用する場合と、「有料ブログ」を構築する方法があります。この2つの方法についてそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

 

無料ブログについて

無料ブログとは既にブログのシステムが整っているサービスと契約し、そのブログシステムを利用して運営するブログのことです。「サーバー」や「ドメイン」など必要なものが全て用意されていて、それをレンタルして使う 仕組みです。

以下が主な無料ブログサービスです。

■無料ブログサービスの例

  • アメーバーブログ
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログ
  • seesaaブログ
  • はてなブログ
  • エキサイトブログ 等

 

無料ブログのメリット

無料で利用できる

無料ブログは【無料で使えるブログサービス】です。料金がかからないことが最大のメリットです。
*オプションのサービスを追加したり、サーバーの容量を増やしたりすると有料になる場合があります。

 

初期のアクセスが集まりやすい

無料ブログは初期の段階でアクセスが集まりやすいです、その理由は以下です。

・ブログ開設時でも検索エンジンにインデックスされやすい
 利用するサービスに既にドメイン力(サイトのパワー)があり検索エンジンにインデックスしやすいため。
・サービス内でのコミュニティでの集客が大きな魅力
 ブログサービス内のコミュニティ(会員サイト)などでブログが紹介され集客されやすい。

 

無料ブログのデメリット

いつ消されるか?分からない(最重要)

無料ブログの最大のデメリットは「突然ブログが削除されることがある」です、運営側の定めた規約に違反したと見なされれば一方的に「アカウント凍結」されブログ管理ができなくなったり、最悪「アカウント削除」されブログが記事ごと全て無くなります。
 また、突然運営側が規定を変更したり「ブログサービスを終了」すればブログは継続できなくなります(他のブログへ引き継ぐことはできるかもしれませんが、文字や画像のデータしか保存できない等全ての内容を再現するのは難しいです)。

 

無料ブログ運営側の広告が付く(次に重要)

無料ブログには、スポンサーの広告が表示されます。
広告の位置はこちらで指定できず、良い位置にこれらの広告があればユーザーはそちらをクリックします、つまり広告収入のチャンスが奪われます。

*無料ブログが無料で利用できる理由はこの広告料がスポンサーからサービス業者に入るためです。
*この広告を外すためには、お金を払う必要があります(アメブロだと月1,000円前後)。無料の意味がなくなります。

 

Googleアドセンスを利用できないものが多い(審査も通らない)

ブログ運営をする上で「Googleアドセンス」の利用とその収益は大きな魅力ですが、無料ブログでは「Googleアドセンス」の掲載を制限しているところが多いです。
また、ブログ側で掲載を禁止していなくても、「Googleアドセンス」はGoogleの審査に通過しないと利用ができません、無料ブログを使用している場合、Googleの審査に通りにくいことも考えられます。

 

デザインが限られる

無料ブログのデザインは利用するブログサービスの範囲内に限られます。また、カスタマイズにもかなりの制限があります。その為自分のブログのテーマやターゲットににあった思い通りのデザインにすることは難しいです。

 

 

無料ブログのメリット&デメリットまとめ

メリット

  • 無料で利用できる
  • 初期のアクセスが集まりやすい

デメリット

  • ブログが突然消える(アカウント削除)の恐怖がある
  • 勝手に広告が貼られる(広告収入が自分のものにならない)
  • グーグルアドセンスやアフィリエイト広告が制限される
  • デザインのカスタマイズが制限される

 

 

 

有料(WordPress)ブログについて

有料ブログとは、ブログサービスを利用せず自分でサーバーやドメインを用意して運用するブログのことです。システムとしてWordPressを使う方法が主です。有料ブログとはWordPressを利用して個人で運用するブログのことです。

 

有料ブログのメリット

あなたが運営したいテーマで、ブログ運営できる
有料(WordPress)ブログは自分が管理者です、第三者によって運用面を規制されることがありません。使用方法などにも制限がなく、自分の目的や用途に合わせて好きなように運営することができます。
 また、アフィリエイト広告の設置、SEO対策なども制限を気にせずに自由に行えます。

 

おしゃれで機能的なテンプレート(テーマ)がたくさんある
WordPressには、豊富なデザインテーマやプラグインが用意されています。また世界中の人が日々新しいテーマを作成して配布したり、便利な機能をプラグインとして開発しています。これらは有料または無料配布されていて、誰でも自由に選んで利用することができます。

 

最終的なアクセスの集まりやすさは、無料ブログを上回る
有料(WordPress)ブログは無料ブログに比べアクセスを集めるのに時間がかかります、しかしブログ記事が増えて一旦集客のできるドメインになればそのドメインのパワーは自分の資産となります(無料ブログではいくら自分の書いた記事で集客できてもその運営するドメインのパワーとして蓄えられてしまい、自分の資産にはなりません)。また、無料ブログでは誰かが質の悪い記事を書けば、同じドメイン内のブログはその悪影響を受ける可能性もあります。
長期的な視点でみれば、自分だけのドメインを運用できる有料(WordPress)ブログの方がアクセスを集めやすいのです。

 

有料ブログのデメリット

年間1万円程度のお金がかかる
最大のデメリットは有料である(お金がかかる)ことです。主にサーバーレンタル代金独自ドメイン費用が必要です。

 

有料(WordPress)ブログのメリット&デメリットまとめ

メリット

  • サイトの所有権が自分なので自由に運営できる
  • ブログの削除リスクがない
  • デザインのカスタマイズやSEO設計などが自由にできる
  • 商品やアフィリエイト広告の設置に制限がない
  • ノウハウやサポート情報が豊富(ネット上にたくさんある)

デメリット

  • 費用がかかる(サーバーレンタル代やドメイン使用料)
  • ブログの初期段階はアクセスが来ない

 

 

無料ブログと有料ブログ(Wordpress)の比較表

無料ブログと有料(WordPress)ブログの特徴をまとめた比較表です。

分類 項目 評価 有料(WorPress)ブログ 評価 無料ブログ
コスト サーバー代 × 5,000〜10,000円/年間 無料(サービス業者が提供)
  ドメイン代 × 1000円/年間 くらい 無料(サービス業者が提供)
  制作費 人に制作を依頼すると高額 操作が簡単なので自分で作れる
集客 コミュニティ × 無し コミュニティ内で集客が可能
  ドメインパワー 初期の段階ではサイトのドメインパワーがないので集客が難しい、長期ではドメインパワーが自分のものになり集客が伸びる。蓄積されたドメインパーワーがブログの資産となる。 初期の段階ではサイトのドメインパワーで集客が集まりやすい、長期でみるとは集客によるドメインパワーが自分のものにならない、他の人の記事もドメインパワーに影響してしまう等の理由で集客が伸びない。
カスタマイズ デザイン 豊富なテーマがあり選択が自由 × テーマが少ない、カスタマイズに制限がある
  プラグイン 多くの機能のプラグインがあり選択が自由 × 機能が限られている
リスク アカウント削除 ブログ凍結や削除の心配がない × ブログ凍結や削除の心配がある
  ドメインの共有 自分だけのドメイン、他の人の影響をうけない × ドメインを共有している為、他の悪質なブログの影響を受ける

 

有料(WordPress)ブログを使ったほうがいい理由

無料ブログと有料(WordPress)ブログを比較してみましたが、結論はとしては、「ビジネスとしてブログを運営するなら有料ブログがお勧め」です
 
理由は
・デザインや機能の自由度が高く、自分のターゲットやテーマにマッチしたブログが作れる
・SEO対策や、その他プラグインの機能が豊富でビジネスに有利な構築ができる
・アフィリエイト、特にグーグルアドセンスの設置に制限がない
・ブログ記事の数が増えて集客ができ、ドメインのパワーが蓄えられれば、それが自分の財産になる
・ブログ削除のリスクがない(最大のメリット)
 
などです。
ブログを趣味で運用し、収益を考えないのであれば無料のブログでの運用でも良いかと思いますが、ビジネスとして運用しアフィリエイトの収益を求めるのであれば、ブログが個人の財産になる有料(WordPress)ブログで運用することが望ましいです。
有料(WordPress)ブログは最初こそアクセスが少なく集客の成果が出るのに時間がかかります。でも時間が経てば徐々にドメインのパワーが溜まり、有料(WordPress)ブログのアクセス数のほうが無料ブログを上回るのです。そして溜まったドメインパワーはブログの資産になります。


また無料ブログで一番怖いのは、こうしてコツコツと時間をかけて築いたブログも一瞬で削除される危険性があることです、あなたの大切なブログ資産を不本意な削除から守るためにも有料(WordPress)ブログで構築することをお勧めします

 

WordPress構築でやることの全体像

有料(WordPress)ブログ構築でやることの全体像は、以下です。

 

1,サーバー契約

一般的なブログサービスや、プロバイダーなどで提供されるサービスは、自社や提携された会社でサーバー(ブログやホームページのデーターやシステムを保存し、インターネット上に公開する機能がある)を保有しています。契約をした場合作成するブログやホームページはそのサーバーを利用することになり、別途サーバー契約をする必要はありません。

WordPressはあくまでもブログやホームページを作成するシステムのみを提供するものです。したがって、WordPressを使ってブログやホームページを公開するためには、そのデータやシステムを保存し公開するためのサーバーが必要になります。そのためには、レンタルサーバーを利用することになり、有料の場合はその費用がかかります。

レンタルサーバーは専用の業者と契約してレンタルします、今回はエックスサーバーを利用します。

 

2,独自ドメイン契約

まずドメインとは、インターネットの中での住所のようなものです。具体的にはメールアドレスの@マークの後ろ部分、「abcde@○○○.com」ホームページアドレスのwwwの後ろ部分 「www.△△△△.jp」(赤い字の部分)にあたります。

「独自ドメイン」とは、独自で名前を設定し利用できるドメインのことです。

一番最後の .com , .net , .jp 部分はトップレベルドメインと呼ばれていていくつもの種類がありその中から選択します。○○○の部分や△△△△の部分は各トップレベルドメインごとに世界で一つしか存在しない文字列となり、この部分を自分の希望する文字列にできるのが独自ドメインです。ドメイン取得は先着順です、なので希望のドメインを取得するのは早いもの勝ちです。

独自ドメイン取得には専門業者のサイトを利用します、「お名前.com」さんとかが有名です。今回はレンタルサーバーと同様にエックスサーバーを利用します。

 

3,WordPressインストール

レンタルサーバーが用意できても、WordPressをそのサーバーにインストール(組み込む操作)が必要になります。これは無料のブログのように、システムとサーバーが一体となり提供されるサービスと違い、システムとサーバーが別々に提供されるためです。

 

WordPressの設定については

↓↓↓↓↓↓↓
WordPressでブログを作ろう

りんごからのお知らせ

こんにちは、Ringoです。岡山県真庭市というところで、非常勤のデザイン講師をしながら、ブログ&アフィエイトビジネスに奮闘中です。

このブログと連携して「ゆとりのシニアライフを実現させる」をテーマにメルマガを配信、シニア&初心者向けにネットビジネスの進み方をお伝えしています。
経済的にも心にも「ゆとり」をもたらす収入をゲットしませんか!
イラスト、葉っぱ付きりんごを持ったおじさんとおばさん ブログを作ったけどアクセスが無い!、アフィリエイトの成果が出ない!
そんなあなたは必見ですよ
SNSやネット活用の実践講座を交えた実りいっぱいの無料メルマガです。

お申し込みはこちらのボタンをクリック、是非この機会に(^o^)ノ゙
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ バナー、りんごメルマガ登録用 *詳細ページが表示されます、すぐにメルマガ申し込みはされません

よろしければ、この記事やブログに関する 感想・聞いてみたいこと・要望などなどお聞かせください。内容と関係ない雑談も大歓迎です(^^)
↓↓↓↓↓↓↓お気軽にo(^-^)o♪
yoko_takano@appli.redまたは お問合せ