小澤竜太さん(ディスカバリーアカデミー校長)の【教わる技術】をお勧め!ビジネスする人必見!! 他と差がつく考え方が満載。

2020年8月17日

ディスカバリーアカデミーの作成者である小澤竜太(おざわりゅうた)さんが作成した【教わる技術】の紹介記事です。「教える技術」を解説した書物や記事は世の中にゴマンとありますが、「教わる技術」と言う内容を教えてくれるコンテンツは広いネットの世界でも見当たりません。でも【教わる技術】を知ること、さらにその技術を使って行動に移すことであなたのビジネスの成長スピードは飛躍的に上昇するのです。

1万人の実践者を見てきた中で、成功する人の【教わる技術】
ディスカバリーアカデミーの製作者である小澤竜太さんが、1万人の教材・コンサル受講者を見てきた中で、成功した人だけが使っている【教わる技術】を教えます。

この記事はその内容の紹介とお勧めポイントについてまとめました。是非是非一読いただき、このチャンスに【教わる技術】をゲットしてください。

 

【教わる技術】とは

 あなたは、なにか教材やコンテンツを購入して、作成者(または販売者)さんから指導やサポートをされるサービスを受けたことがありますか?(またはまさに今受けていますか?)
 または、コミュニティに参加して情報共有やオンラインセミナーなどを受講したことがありますか?(またいままさに受講中だよという状況ですか?)

であれば、すくなからず以下のような思い(悩み)を感じたことがあるのではないでしょうか。

「教材やコンサルを受講しているんだけど、なかなか若い先生とどう付き合ったらいいか?分からなくて…」

または、
「いつも顔色を伺ってしまって、なかなか聞きたいことを聴けない…」
など、
若い人の中で、積極的になれない、自分を出せないとついつい尻込みしているのではないでしょうか?

その結果、「質問できないからわからないまま」「課題も途中で諦めた」
または、「コミュニティに在籍しているけど幽霊みたい」「輪の外にいるままで中に入れない」ととても残念な状況で退会してしまった。

せっかく安くないお金をつぎ込んだのに、もったいないですよね。
お金よりも「今度こそがんばろう」と決意したのに、それなりに頑張って時間も使ったのに、成果が得られなかった敗北感の方がもっと残念な気持ちかもしれません。

 

学びたい、できるようになりたい、やる気はある!
でも、また同じ思いをするのではと憂鬱になる。
そんな風に悩んでいませんか?

でも、その悩み…あるスキルを身につければ、なんとかなります。
それが【教わる技術】です。

指導者としての「教える技術」を教える情報は数あれど、受講者側としての【教わる技術】の情報って、世の中を探してもほとんどないですよね。

でも…、この技術を知れば「うまく教われない」悩みが解決します。
そして、誰にでも身に着けることができる技術です、知って実行するだけです。

りんごは、アラ還(還暦前の年齢)でネットビジネスの世界に飛び込みました。
指導者の方は20歳以上年下、師匠とあおいだアフィリエイターさんが最長年齢くらいでしたが、それでも私より10歳以上若い!方でした。でもありがたいことに年齢による疎外感や劣等感は感じずに過ごしてこれました。指導者の方の人柄や、暖かいコミュニティの雰囲気のおかげだと感謝しています。

それでも、「ちょっと私には関係ないかな」「もうわかっているから大丈夫」と自分勝手に判断をして、積極的行動がとれなかったことは多々あります。「私には私なりの経験があるから」と自分風の考え方を崩せず、そのことが行動への足かせとなっていました。

あなたが、シニア世代なら多分同じような気持ちになるかと思いますが、「いまさら、この年で」というセリフで、何度自分を見つめなおすことから逃げてきたことか(思い返してみてください)。そして、「いまさらなにかを悔い改め、新しい自分になるなんて」と思いますよね。そう、そんな風に、「いまさら」という常葉に阻(はば)まれて変われないでいるならめちゃくちゃ勿体ないと思うのです。

どんな些細なことでも構いません気づいて、変わりたいと思うなら「いまから、十分可能です」。

この記事でご紹介する【教わる技術】ですが心に響くポイントは人それぞれだと思います。どうか、「はっ!」と思ったその気持ちを忘れないうちに、「いまから、変わってみてください」あなたのビジネスも、そして人生もきっと、飛躍的に変わっていけると思います。そのためにも是非、手にしてほしい技術(テクニック)です。

 

え…でも…、
と思っているなら、まず、以下のオープニング紹介をご欄ください(^^)

 

【教わる技術】のオープンニング紹介

作成者の小澤さんによる、オープニングの紹介動画です。

■1万人の成功者をみてきたなかで成功する人の「教わる技術」
株式会社ディスカバリー
小澤竜太
↓↓↓↓↓↓↓
https://vimeo.com/447937327/b60a8114cf

キャプチャー、教わる技術(オープニング)

 

 

【教わる技術】を取得&実行するとどうなるか

この【教わる技術】を視聴&その内容を実行すると。

 

[教わる技術]があると、あなたはこうなれます(教わる技術紹介サイトより)

  • 成長スピードが圧倒的に早くなります。

    指導者からより多くの知識・情報を引き出せるようになります。
    つまり、圧倒的に早く成長でき、稼げるようになります。

     
  • 悩みの解決スピードが早くなります

    何ヶ月悩んでも解決しなかった問題が、一瞬で解決するようになります。

     
  • 指導者から「ひいき」される

    指導者のメルマガやブログ、SNSなどで積極的に紹介されます。
    何かあった時、優先的に声がかかるようになります。
    コミュニティ内で有利な立場に立てたり、活躍の機会を与えられるようになります

     
  • 有利な情報をゲットできる

    指導者が教材を販売する際に、事前情報を獲得できたり、モニターになれたりします。
    つまり、圧倒的有利な立場でアフィリエイトできます。

     

結果、挫折しづらくなり、更に他の人よりも抜きん出て、圧倒的に早く稼げるようになります

 

 

一見すると「媚(こび)を売る」手法ではないか?「ごまをする」のは好きではない(性に合わない)といった感想をもたれるような内容に見えます。私も最初に抜粋の文章を見た時は正直そう感じました。
 でも、実際に音声を聴いてみて、それこそが「自分に足かせ」をしているもったいない思い込みであることに気づいたのです。「他人(ひと)にどう思われるか」これは誰しもとても気にするこです。自分のやりたい気持ちより「他人の目」が気になって行動に移せないことは本当に多いです。

でも、それはただの幻想(自分都合の思い込み)であったことが、この【教わる技術】に教わった一番の収穫です。

あなたも是非、あなたの目と耳でその内容を確認してください。あなたの思い込みによる行動の足かせを外しましょう。

 

りんごのお勧めポイント

【教わる技術】は私のバイブルになりました。動画のみならず資料を印刷して、Mac(パソコン)の前においています。そして行動が必要なとき、躊躇するこころを感じた時にめくってはそこにかかれている言葉を読み返します。
たくさんの名言があります、きっとあなたの心に刺さる言葉はいくつも見つかるはすです。

では、りんごのお勧めポイントをご紹介します。

 

りんごお勧めポイント

⭕️ 恥ずかしさ、躊躇心を取り除いてくれた
指導者に気に入られて贔屓(ひいき)される」これは、言葉だけ聞くととても踏み込めない印象を受けますが、「よろこばれることをして、イメージアップすること」と説明され、二の足を踏んでいた気持ちが無くなった。

⭕️ 相手の気持ちを本当に汲み取ることに気づかせてくれた
「媚(こ)びる」とか「ごまをする」とか、相手のご機嫌をとる行動を表現する言葉ですが、この言葉は上司や指導者となる人にだけいい顔をして他の人には相反する行動をとることを挿します、この動画で説明されている「気に入られるための行動とは」指導者だけでなく周りの人にも喜ばれる行動をすることです。本当の意味で他人の役に立つ行動をとることとは、相手の立場や状況を思いやり「当人がやってもらって嬉しい行動」をとるということだと教えてくれた。

⭕️ 具体的な行動例が示されるので、やってみようと思えた
具体的な行動の例を、それぞれの内容について示されるので、素直に「それなら出来る、やってみよう」と思える。それによってもたらされる恩恵についても、具体的でイメージしやすいので、ますますやる気になる。

⭕️ 相談、報告のやり方について目から鱗の内容だった
言われてみると「なるほど」と思う相談や行動の心理やパターンを説明、どうしたらいいかが抵抗なく受け入れられた。いままでちょっとした心の壁があって行動できなかったことが、実行できるようになった。(この言葉を大事にしていつも読み返したいと思えた)

⭕️ 行動した結果が明確に示される
【教わる技術】を実行した先にある結果がとても具体的に示されている。この技術はアフィリエイトやネットビジネスだけでなく、世の中の人付き合いにとってとても重要、日常のなかでも実践するべきと思う。

 

「ちょっと意外?」とよく言われますが、りんごはコミュベタ(コミュニケーション下手)でした。(今でも本音のところは、他人を気遣うことは苦手です。)できれば「一人でいたい」「誰かと話すと疲れる」「人の前で喋るのは大の苦手」と思っています。

でも、この世の中(主にリアル(現実)の世界の話になりますが)そうは言っていられません。仕事はもちろん、趣味でも、生活の全てで誰かとコミュニケーションをとらざる得ない日々です。
特にこのコミュニケーションの力を強く感じ、うまく利用した方がいいと意を決して頑張った時期があります。派遣会社に登録し、単発(短期)で色々な会社に行き仕事をさせてもらった時です。求められる技術(当時はパソコンでの入力業務でしたが)の仕事をできることはもちろんですが、それよりも大事だったのは「挨拶をする」「笑顔で接する」「たわいのない日常会話のコミュニケーションをとる」ことでした。努力して、この3つのことをどこの会社に言っても頑張りました。おかげで人間的トラブルや嫌な思いをすることがほとんどなく、どちらかと言うと友好的に接していただける立場に身を置くことができました。

それからと言うもの、結構たくさん転職し、「新しい職場」「新しい人間的関係」に身を置きましたが、その度にこの3つの行動を積極的に実施することで、かなり得をして生きてこれたと思います(^^)

 

そして、ネットビジネスの世界に置いてもその法則は同じでした。
いえ、顔が見えない、声が聞こえないからこそ、さらにその威力は強いと感じています。

ところが、どっこい、それがわかり切っていても、なかなか行動にうつぜずにいたのです。
なぜか「まあいいや」と、遠慮がちに行動していました。
リアルでのコミュニケーションが苦手で、「ネットなら」とちょっと逃げてきた気持ちがあったからかもしれません。(どこかではそれではダメだなとわかっていても)
誰も見ていない、見られていないので許されると勝手に都合よく思っていました。

その気持ちを、ものの見事に打ち砕いてくれたのが【教わる技術】でした。
聞けば聞くほど、勇気を出して一歩前に出てみようと思わせてくれました。

そして、Twitterのフォローを自ら行う
コミュニティのFaceBookに投稿する。
それまでプライベートの投稿しかなかったSNSにビジネスの内容も盛り込みました。

やって見れば、なんでもないことでした。
躊躇(ちゅうちょ)し、億劫(おっくう)がっていた自分が不思議なほどあっさりそれをすることが当然の自分になれました。結果コミュニティの主催者の方に評価されました(^^)MVPと言うタイトルも何回かいただきました。みんなが「りんご」の名前を知ってくれるようになりました。

もう「だれ?」と思われたらとか、「こんなこと言ったら」とか、心配も恐怖もなくなりました。少々的外れな発言だったとしても「りんごさんは天然なので、仕方ないな」と広い心で受け止めてもらえるようになりました(多分そのはずです)。

もう一度繰り返しますが、今でも「対人&対応は苦手です」。でも、ほんのちょっと努力し勇気を出してコミュニケーションを取ることに力を注いでいます。
 それは、対する相手が「少しでも心地よく」「嬉しく感じる」ことを願うからに他なりません、そしてこのことが回り回って私にたくさんの利益をもたらしてくれる事実を、たくさん実感しています。

 

具体的な内容は、この動画を是非視聴ください。
この【教わる技術】があなたの心の友となれば嬉しいです(^^)

 

【教わる技術】を手に入れるにはこちらをクリック
購入サイトへ移動します
↓↓↓↓↓↓↓

【購入者通信】教わる技術(2020年8月31日までの限定価格)

教わる技術バナー

りんごからのお知らせ

こんにちは、Ringoです。岡山県真庭市で非常勤のデザイン講師をしながら、ブログ&メルマガを利用したネットビジネスに奮闘中です。

このブログでは、老後の「ゆとり」を生む資金作りのノウハウを配信しています。
今だけ無料で『資金づくりの種類や手法をわかりやすくまとめたレポート』をお渡し、無料で受け取りたい!ということであれば、今すぐ「りんごのメルマガ」にご登録ください。
登録後、特典の受け取り方法をご案内するメールをお送りいたします。
*特典を受け取った後にメルマガを解除いただいても構いません。
*解除に対しての手数料もかかりません。

ただ、メールを読み続けていただくと、シニアライフに嬉しい「お小遣い」を獲得できるノウハウを紹介。無理なくコツコツと老後の資金を増やしていくためのお得な情報をお届けします。

イラスト、りんごを持ったおじさんとおばさん

SNSやネット活用の実践講座を交えた実りいっぱいの無料メルマガです。

お申し込みはこちらのボタンをクリック、是非この機会に(^o^)ノ゙
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ バナー、りんごメルマガ登録用 *クリックだけで登録はされません、表示された案内ページ内の申込フォームからご登録ください。

よろしければ、この記事やブログに関する 感想・聞いてみたいこと・要望などなどお聞かせください。内容と関係ない雑談も大歓迎です(^^)
↓↓↓↓↓↓↓お気軽にo(^-^)o♪
yoko_takano@appli.redまたは お問合せ