Twitterを使ってみよう!フォローとリツイートそしてツイート[初心者向け]

2018年6月10日

Twitterは匿名やニックネーム登録もOKなので気軽に自己発信できるツールとして若い人たちを中心に利用されています。こんななるほどな〜と思うたとえもあります「FaceBookがちょっとかしこまってスーツを着た投稿(Facebookは「実名」での登録が原則だからかもしれません)なら、Twitterは普段着の投稿」。

Twitter最大の特徴は、情報の拡散が早いこと。「今」がすぐ反映され、投稿された情報は瞬(またた)く間に拡散されます。

時にはデマや噂が飛び交うこともあるので、注意が必要です。

とはいえ、最初に述べた気軽さが最大の魅力、是非Twitterデビューしてその楽しさに触れてください。

Twitterの最初の一歩はフォロー

Twitterのフォローについて、他人の投稿を継続して閲覧する方法です。フォローはユーザ(人)毎に行います。まずフォローするユーザーを検索する方法をいくつかご紹介します。


●「フォロー」して誰かのツイートを観る
知人や有名人のツイート(投稿)を読んだり、会社や店舗の情報を入手したりするには、そのアカウントを「フォロー」します。フォローすると、そのアカウントがツイート(投稿)するたびに自分のホームページにリアルタイムで表示されます。Twitterの画面はツイート(投稿)が、上から下へと時系列に並んで表示されます。新しいツイートが常に一番上に表示されて、次々と発言が並びます。こうして上から下へと新しいツイートがどんどん追加されていくので「タイムライン」と呼ばれます。
●自分のツイートをフォローしてくれるのが「フォロワー」
あなたのツイートに興味を持った誰かが、あなたのアカウントをフォローしてくれることもあります。自分をフォローしてくれる人のことを「フォロワー」といいます。
フォロワーはあなたのツイートに対して。いいねをしてくれたり、気になったことがあればコメントをしてくれます。ときには重要な情報をリツイートして広めてくれたりします。
誰かにフォローされると、あなたのところにお知らせがきます。フォロワーになってくれたユーザーを見て、自分のリアルな友達だったり、知らないユーザーでも興味や趣味が合いそうなら、こちらからもフォローをし返すといいと思います。これを「フォローバック」といいます。フォローとフォロワーが広がると、Twitterのコミュニケーションは楽しくなります。*いいね、コメント、リツイートについては後述します。

自分の興味ある語句で検索

画面右上にある、検索ウィンドウに検索したい語句を入力して、検索ボタン(虫眼鏡マーク)をクリックします。
入力した語句に関連した投稿が表示されます。

まず、[話題のツイート]

キャプチャー、フォロー

スクロールして、表示された投稿を閲覧します。

 

気になったユーザーをフォローする

「鉄●」さんの投稿を見つけました、フォローしてみます。

フォローとは:特定のユーザーのツイート(投稿)があなたのホーム画面のタイムラインに表示されるようになる仕組み。 つまり、ログインして最初に表示される画面に、検索をしなくてもフォローした特定のユーザーの投稿が表示されるようになります。

投稿の左上に表示されている、ユーザーのアカウント表示をクリックします。

キャプチャー、フォロー

鉄●さんの「プロフィール」(自己紹介)が表示されます。右上にある[フォロする]のボタンをクリックします。フォローの操作はこれだけです。
キャプチャー、フォロー

 

ホーム画面に戻ると、フォローした人のツイート(投稿)が表示されています。並び順は基本投稿した日時順で新しい投稿が先頭にきます。さらにその投稿に対してアクション(いいね、やコメントの書き込む)があると最新のアクションの日時が新しいものが先頭にきます。

しかし、Twitterが「重要だ」「みてほしいツイート」と判断した投稿はこの時系列を無視して先頭に配置されます。なので結果時系列はバラバラ、いいのか悪いのか、この件に関しては賛否両論あるようです

キャプチャー、フォロー

 

フォローしている人の確認

自分がフォローしている人はいつでも確認できます。
ホーム画面のプロフィールエリアある フォローの文字の下の数字が現在フォローをしている人の人数です。
キャプチャー、フォロー確認

さらに人数の数字をクリックすると、フォローしている人の一覧が表示されます。

キャプチャー、フォロー

*フォローをやめるには、 [フォロー中]のボタンをクリックします。それだけです

検索画面の色々

検索画面の表示方法をご紹介します。
語句「ガーデニング」を検索してみます。
検索語句表示の下に「話題のツイート」「すべてのツイート」「ユーザー」「画像」「動画」「ニュース」「ライブ放送」の文字が表示されています。検索した語句に対して、それぞれのコンテンツ(内容)で一覧が表示されます。
キャプチャー、検索

 

ユーザー」表示、ユーザーのプロフィールが一覧で観れます。
キャプチャー、検索ユーザー

 

画像」の表示、画像のみが一覧表示されます。キャプチャー、検索画像表示

「おすすめトレンド」 ,「おすすめユーザー」

フォーム画面の左ウィンドウに[おすすめトレンド]や[おすすめユーザー]が表示されています。

【おすすめトレンド】Twitterのトレンドとは、Twitterのタイムライン上で使用頻度が高く、短時間で急上昇した話題性の高い語句の事です!

トレンド入りするワードと言うのは、「Twitterのタイムライン上でまさに今多くの人によって呟かれている内容ということになります。語句をクリックすると、その語句に関したツイート(投稿)の一覧が表示されます。
キャプチャー、おすすめトレンド

【おすすめユーザー】
まだフォローしてないユーザーの中で何か近い共通点があるとおもわれるユーザーが表示されます、なのである程度ツイート(投稿)すると、その傾向によって、興味があるであろうと思われるユーザーが表示されるようです。また、プロフィールに記載した住む地域や連絡先等の情報からもユーザーをチョイスしているとの情報もあります。
アイコンをクリックすると、そのユーザーの「タイムライン」が表示されます。

キャプチャー、おすすめユーザー

ツイートにアクションを、「いいね」と「コメント」

フォローできたら、次はアクションに挑戦してみましょう。

まずここでちょっと姑息な手段ですが「りんご」のツイートをご紹介しますので、よかったら検索&フォローしてください。

rin_ngo」で検索します。
キャプチャー、りんごの検索

葉っぱのアイコン 「林檎@rin_ngo」をクリックします。
*アイコンや背景画像は時々変更します。[林檎@rin_ngo]なら間違いないです。
キャプチャー、りんごのツイッターフォロー

りんごのツイート タイムラインが表示されます。

よかったら[フォローする]をポチッとしちゃってください(^^)

キャプチャー、りんごのツイッター

フォローすると、フォローボタンは[フォロー中]の青いボタンに変わります。
キャプチャー、フォロー中

いいね

では本題の「いいね」と「コメント」の方法です。

ビビットきたツイートに

いいね:ハートマークをくリックします。

キャプチャー、いいね

 

コメント

コメント:吹き出しマークをクリックして、コメントを入力し、送信ボタンをクリックします。
キャプチャー、コメントキャプチャー、コメント

 

Twitterのかなめリツイート

Twitterを代表する機能が「リツイート」です、これが拡散の仕掛け人なのです。

リツイートは、自分のフォロワー(自分をフォローしてくれている人)に対して「知らせたい、拡散させてほしい」目的で行います。

自分がフォローしているユーザーさんが、面白いツイートをしているので、そのユーザーさんをフォローしていない自分のフォロワーに共有するときに使います。リツイートするとそのツイッターは自分のツイートと同様に自分のフォロワーさんのタイムライン(ツイッターのホーム画面)に表示されます。

このリツイートされた投稿が自分のフォロワーさんにてさらなるリツイートをされる、これが繰り返されることで時に爆発的な拡散を引き起こすのです。

 

まずリサイクルマークのような矢印マークをクリックします。

キャプチャー、リツイート

 

リツイート】そのまま、表示されます。リツイート

リツイートされた投稿の表示結果、
写真、ツイートされた投稿

 

引用リツイート】自分のコメントをプラスしてツイートします。
キャプチャー、引用リツイート

引用リツイートされた投稿の表示結果
キャプチャー、引用のリツイート表示

 

どうですか?「いいね」や「コメント」は体験済みですか?、最初はちょっとドキドキしますよね。見ず知らず(もしかしたらリアルの知り合いかもしれませんが)の人に対してアクションを起こすのは勇気がいりますよね、でも「素直な気持ちをその時に表す」遠ざかりがちになる自分のドキドキをしっかり表現するのは大切なことです。素直な「いいね」の反応はもらった人も嬉しいはずです。

Twitterにツイート(呟く)、自分が発信する

さてさて、いよいよツイート(自分が呟く)、発信の操作です。と盛り上げてみましたが、気負わずにチャレンジしてみましょう。
もともと「ひとりごと」「つぶやき」がTwitterの原点、人が聞く(正確には見る)ことは気にせずあなたの「今」を発信してみましょう。

文脈も脈絡もなくていいです。

あっ、最低限のネチケット(ネット上でのエチケット)は厳守してください、放った言葉はとりけせません。(自分のツイートは削除できますが、リツイートされて拡散されだすと自分ではどうにもなりません)リアルの独り言と決定的に違うのはその言葉が届く範囲です、世界中です(^^)

1ツイートは日本語140文字、端的に、濃いとこだけを切り取り投稿します。

ツイッター社は2017年11月、ひとつのツイートの文字数制限を現行の140文字から280文字に拡大すると発表した。ただし、1文字あたりの情報伝達量が多い日本語、中国語、韓国語は今のままだという。

ツイートする

ホーム画面で一番上の欄「いまどうしてる?」の文字をクリックします。
*右上の[ツイート]をクリックしてもOKです。

写真、ツイートする

ツイート用のウィンドウが開きます。

写真、ツイートウィンドウ

Twitterは、基本的には文字だけで短く「呟く」ように投稿します。
でも、静止画や動画を追加したり、イラストを追加したりすることもできます。

キャプチャー、写真を追加

【画像(写真)の追加】
文字入力用のウィンドウ下に 並ぶアイコンのうち右端のアイコンをクリックし、写真を保存しているフォルダを開き目的の写真を選択します。
写真、画像選択

あなたの「今」を呟きます。(入力します)
文章にならなくても大丈夫です、主語も(基本)不要です。説明もいりません。入力が完了したら、右下の [ツイート] ボタンをクリックします。
キャプチャー、ツイッター入力画面

確認のメッセージが出ます。
キャプチャー、ツイッター投稿完了

ツイート(投稿した内容)がタイムラインに表示されます。
キャプチャー、ツイート結果

文字だけのツイートは超簡単です。
呟いて(入力して)[ツイート]ボタンをクリックするだけです。
キャプチャー、文字だけツイート

ツイートは基本的に時系列、最新の投稿が上部に表示されます。
キャプチャー、ツイート結果

ツイートに対して誰かからアクションがあると、ツイッター上に表示されます。

コメント:「コメント」があると吹き出しマークの横に数字が表示さえます。
吹き出しマークをクリックするとコメントが表示されます。

いいね:「いいね」されるとハートマークの横に数字が表示されます。
キャプチャー、ツイッターに対するアクション

コメントをもらったら、できるだけ「いいね」しておきましょう。

ツイートは「今」をもりあがろう

まだ、ツイートしていない?、「つぶやくことがない」とつぶやいているあなた、どうしてもないなら「呟くことがない」をツイートしてみたら(^^)

ちょっと冗談ですが、それくらい気楽に楽しく「今」をもりあげましょう。

ちょうど、この記事を書いている時、Macの向こうにあるTVでプロ野球交流戦が!りんごはカープ女子なので(カープ女子に年齢制限はありません)観ている試合は マツダスタジアムの 「6月9日 カープ Vs 楽天」。ということで、「カープ」で検索して、みんなの呟きを観て観ましょう。

●菊池がジャンプキャチのファインプレーした時
キャプチャー、ツイート、菊池ファイプレイ

●くやしかった時
キャプチャー、ツイート

そして一番もりあがったのは。

●松山の逆転ホームラン時

キャプチャー松山ホームラン

キャプチャー、松山ホームラン

りんごは記事を書きながらですけれど歓喜を共有しました、楽天ファンの皆さまごめんなさい \(*_ _ )/ 。

 

大事な話ハッシュタグ 「#」

ハッシュタグとは検索しやすいようにツイートをカテゴリー分け(分類)するため、ツイートに付けるタグのことです
文字の先頭に「#」をつけて表記します。

上記で「#カープ」「#carp」 と青い文字で表示される部分です。

このハッシュタグを記入して投稿すると、「#〇〇」と検索するだけで同じハッシュタグが付いたツイートが一覧で表示されます。

ハッシュタグと文字の間にスペースを入れたり、#(シャープ)が全角文字だったりするととハッシュタグと認識されなくなるので注意が必要です。
ハッシュタグと認識されると文字が青くなるのでしっかり確認してください。(認識されないと黒いままです)

Instagramのハッシュタグとの違い
機能には違いはありません。ただInstagramでは複数のハッシュタグを記載する場合が多いです、10個以上つく場合もあります。
Twitterではハッシュタグの多様は好まれません、1個または2個に、テーマを絞って記載しましょう。(文字数制限もあるのでハッシュタグに文字数を使うのはもったいないですよね)