WordPress、日本語環境で利用する不具合を解消するプラグイン[ WP Multibyte Patch]

2019年2月20日

WP Multibyte Patch」はWordPressで日本語サイトを構築する場合、日本語関連の問題を修正するために必要です。以前はWordpressをインストールした時点で入っていましたが、現在はダウロードして追加する必要があります。

WP Multibyte Patchのダウンロード

では、早速「WP Multibyte Patc」をダウンロードしましょう。

プラグインの検索&インストールはWordPressの管理画面(ダッシュボード)で行います。

WordPressのダッシュボードで 左メニューから[プラグイン] >> [新規追加] をクリックします。

キャプチャー、プラグインの追加

 

 

[プラグインを追加] の画面が開きます。
インストールしたいプラグイン名を[プラグインの検索]欄に入力します。

*プラグイン名はスペルを間違えると正しく検索できません、ご紹介したプラグインを探す時はこのレポートに記載のプラグイン名をコピーして、検索欄に貼り付けてください。

今回は以下を入力します。
↓↓↓↓↓↓↓(コピペする)
WP Multibyte Patc 

キャプチャー、プラグイン名の入力

検索結果に該当のプラグインが表示されたら、[今すぐインストール]をクリックします。

キャプチャー、今すぐインストール

ボタンの表示が  [インストール中]→→→[完了]→→→[有効化]と変わります。
ボタンの表示が[有効化]となったら、[有効化]のボタンをクリックします。

キャプチャー、有効化

有効化すると、プラグイン一覧の画面が表示されます。一覧にインストールしたプラグインが表示されていることを確認します。

*一度画面を閉じてしまったり、新規でプラグインの一覧画面を開く場合は WordPressのダッシュボードで 左メニューから[プラグイン] >> [インストール済みプラグイン] をクリックします。インストールされたプラグインの一覧が表示されます。

キャプチャー、プラグイン一覧

WP Multibyte Patchの設定

まず、WP Multibyte Patch は、日本語環境でWordprssを利用する場合のパッケージです、有効化が必要な理由は以下です、エラー回避のために必ず設定しておきましょう

WP Multibyte Patch」を有効化する理由は次の通りです。
 ・メールの文字化けを防止
 ・トラックバックの文字化けを防止
 ・ピンバックのバグを防止
 ・文字数カウント機能のバグを防止
 ・検索時のスペース誤認識を防止
 ・ファイル名のマルチバイト部分の変換バグを防止

設定方法

「プラグイン」>「インストール済みプラグイン」を選択

プラグイン名の下にある青い文字が「無効化」になっていることを確認します。
キャプチャー、確認

これだけです、設定は特に必要ありません。

これで完了です(^^)

 

りんごからのお知らせ

こんにちは、Ringoです。岡山県真庭市というところで、非常勤のデザイン講師をしながら、ブログやメルマガを利用したネットビジネスに奮闘中です。

このブログと連携して「ゆとりのシニアライフを実現させる」をテーマにメルマガを配信、シニア&初心者向けにネットビジネスの魅力と取り組み方をお伝えしています。噛み砕いた解説がわかりやすいと好評です(^^)
経済的にも心にも「ゆとり」をもたらす収入をゲットしませんか!
イラスト、葉っぱ付きりんごを持ったおじさんとおばさん ブログを作ったけどアクセスが無い!、アフィリエイトの成果が出ない!
そんなあなたは必見ですよ
SNSやネット活用の実践講座を交えた実りいっぱいの無料メルマガです。

お申し込みはこちらのボタンをクリック、是非この機会に(^o^)ノ゙
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ バナー、りんごメルマガ登録用 *詳細ページが表示されます、すぐにメルマガ申し込みはされません

よろしければ、この記事やブログに関する 感想・聞いてみたいこと・要望などなどお聞かせください。内容と関係ない雑談も大歓迎です(^^)
↓↓↓↓↓↓↓お気軽にo(^-^)o♪
yoko_takano@appli.redまたは お問合せ