WordPress、無料人気テーマ[Cocoon]でGoogleアナリティクスを導入する方法はとても楽チン

Google Analytics(アナリティクス)は、Googleが提供している無料で使えるとても高性能なアクセス解析ツールです。

Google Analytics(アナリティクス)のレポートを見ることで、サイト(ブログ)の利用者の訪問の状態(何人訪れているか、どのページを閲覧しているか)、サイトを訪れた経路(どこからきたか、起点となった検索サイト等)、サイトを訪れてからの行動パターン(他のページを見たか、何分滞在したか)などの様々な情報を得ることができます。訪れているユーザーの性別や,地域,どんなデバイスを利用したか、などもわかります。

ただ、提供さえる情報の項目は多く、その中から有益な情報を選びその情報の意味を理解するのは初心者にとって少しハードルが高いかもしれません。

この記事では無料テーマの「Cocoon」へ「Googleアナリティクス」を導入する手順を解説しました。
Cocoonには、Googleアナリティクス導入の専用設定画面が用意されていて、トラッキングIDを設定するだけで完了します。とっても簡単です(^^)

是非導入しましょう!

またGoogleアナリティクスの解析画面についてビジネスブログを運営する上で、見るべき情報の項目とその見方について初心者向けにご紹介します。

Googleアカウント(G-mail)の取得

Googleアナリティクスを利用するには、Googleアカウントが必要です。取得していない方、また「それなに?」という方は以下の記事で詳しく解説していますので参照のうえ取得してください。

↓↓↓↓↓↓↓
Google アカウントとその作成方法について【2019年1月の画面】なるべく詳しく解説しました

 

Googleアカウントの準備がととのったら、Googleアナリティクスを導入しましょう。

Googleアナリティクスの導入

自身のブログに「Googleアナリティクス」を導入をするには、解析をしたいサイトに「トラッキングコード」を埋め込むことが必要です。

トラッキングコードによってサイト利用者のアクセス情報(訪問状況、流入経路、行動パターンなど)が取得され、集めたデータはGoogleアナリティクスの管理画面から「レポート」として見ることができます。

Analyticsアカウントの取得

Googleアカウントを利用して「Googleアナリティクスアカウント」を作成します。ちょっとややこしく感じるかもしれませんが、手順どおり順番に実施してみてください。

まず、以下のURLにアクセスします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.google.com/analytics/

英語の画面が出たら [翻訳]をクリックします。
キャプチャー、翻訳

[無料で開始]をクリックします。
キャプチャー、アカウント取得

*以下のような確認画面が出ていたら、[OK]をクリックします。
キャプチャー、グーグルの同意

 

利用までのステップ画面がでます。[お申し込み]をクリックします。
キャプチャー、申し込み

 

アカウント作成の画面がでます。

以下のように情報を入力します。

アカウント名:アナリティクスのアカウント名(英字で任意の名前を入力する)
*グーグルアカウントとは別のアカウントになります。ブログのサイト名等、管理するのにわかりやすい名前がいいかと思います。
ウエブサイト名:Googleアナリティクスを導入するウェブサイトの名前
*ブログの名前と同じにしましょう
ウェブサイトのURL:URLを入力しましょう。▼で「http://」または「https://」を選択します。
*常時SSL化が完了しているブログは「https://」を選択します。
*URL末尾のスラッシュは不要です。
業種:最も近い業種を選択します。選択した業種に合わせてカスタマイズされます。
レポートのタイムゾーン:「日本」を選択します。
*レポートの処理の1日の区切りが決まります。

キャプチャー、アカウント設定1

データー共有設定:データーを共有する項目をチェックします。
*デフォルトのままで問題ありません。

[トラッキングIDを取得]をクリックします。
アカウント設定2

 

 

規約の同意画面が出ます。
[アメリカ合衆国]→→→[日本]に変更します。

キャプチャー、同意

 

日本用のGoogleアナリティクス利用規約を確認し、チェックをいれます。
Googleとのデータ共有に適用される追加条項のチェックをいれます。

[同意する]をクリックします。
キャプチャー、同意

 

トラッキングIDの取得

トラッキングIDトラッキングコードが表示されます。
*この後コピーして自身のブログに貼り付けるので、表示された画面はそのまま開いておきます。

トラッキングIDをコピーしておきます。
*トラッキングコードのコピーは不要です。

キャプチャー、トラッキングID取得

 

トラッキングIDをブログへ設定

Wordpessダッシュボードのサイドバーで[Cocoon設定]>>[Cocoon設定]をクリックします。
キャプチャー、コクーン設定

Cocoon設定の画面が表示されます、
[アクセス解析・認証]のタブをクリックします。
キャプチャー、解析のタブ

表示された画面をスクロールして 「Google Analytics設定欄」で

Google AnalyticsトラッキングID 」を入力します。
キャプチャー、アナリティクス設定

画面を下までスクロールして、[変更をまとめて保存]ボタンをクリックします。
キャプチャー、保存

これで設定は完了です。
と〜〜ても簡単です(^^)

 

不要なカウントを除外する方法

Googleアナリティクスを利用する前に、必ず実施しておきたいのが「不要なアクセス数の除外」です。

自分のアクセスをカウントから除外する

まず、「自分自身のアクセス数の除外」です。

自分が自分のブログを見たり、記事を書いて表示させたりして生じたアクセスも他の人のアクセスと同じくカウントされてしまうと、正確な閲覧のデータは得られません。そこで、自分のアクセス数を除外する設定をしておきます。

今回は、Googleアナリティクスのフィルタ設定を使って自分や自社のIPアドレスからのアクセスを除外する方法です。
IPアドレスとは、インターネットにつながる機器1つ1つに割り振られている識別番号のことです。

フィルタ機能でIPアドレスを除外する手順

設定する前に、除外する自身のIPアドレスを調べます、

以下のページにアクセスします(IPアドレスを調べることができるサイトは複数あります)
↓↓↓↓↓↓↓
サーバー監視/ネットワーク監視サービス

現在の利用しているインターネット接続環境での、IPアドレスが表示されます。
*自宅で同じルーター(インターネット接続機器)を使用してWi-fi(無線)接続をしている場合、IPアドレスは利用端末(パソコンやスマフォ)に限らず同じです
*接続環境や、ルーターを利用していない場合は異なる事があります、この場合は利用機器ごとにIPアドレスを調べて、複数のIPアドレスの設定が必要です。
*IPアドレスは、インターネット接続機器の再起動(停電や、機器のコンセントを抜いた等の)などによって変更します。

キャプチャー、IPアドレス

表示されているIPアドレスを控えておきます。

Googleアナリティクスのフィルタ機能を設定

アナリティクスのフィルターを使って自分のIPアドレスからのアクセスを除外します。

グーグルアナリティクスのページを表示します。

①画面左下の歯車アイコンをクリックします
②「ビュー」の欄で [フィルタ]をクリックします

キャプチャー、フィルター表示

表示された画面で、上部にある[+フィルタを追加]のボタンをクリックします。

キャプチャー、フィルターを追加

 

フィルタ名を入力します
①フィルタの名前を入力します(何のフィルタかがわかる名前にします)

フィルタの条件を選択します
*それぞれ右端の▼をクリックして表示された項目から選択します
②フィルタの種類:除外
③参照元:IPアドレスからのトラフィック
④式:等しい

キャプチャー、フィルター情報入力

 

⑤IPアドレス:上記で確認したIPアドレス を入力します

入力が完了したら、[保存] ボタンをクリックします。
キャプチャー、設定保存

これで設定は完了です。

IPアドレスは不変ではありません、カウントが急に増えたり停電等インターネット機器の再起動がされた場合は、都度IPアドレスを確認して再設定してください。

IPアドレスを指定するメリットとデメリットは

メリット:使用ブラウザに関わらずアクセスを確実に除外できる
デメリット:IPアドレスは不変ではないので、変更されたら設定も変える必要がある

*IPアドレスで除外するメリットとしては、使用するブラウザなどと無関係にアクセスを除外できます。ルーター等の利用環境下で同じグローバルIPアドレスの配下であれば、PC(またはスマフォなどのデバイス)からのアクセスを除外することが簡単にできます。デメリットとしては、IPアドレスが変わったら設定を変更しなければいけない点です。IPアドレスは、接続機器が再起動等、インターネットへの再接続が起これば変更する可能性が高いです。

*インターネットのサービスプロバイダから「固定IPアドレスサービス」を受けていればIPアドレスは変わりません

手軽な方法ですが、確認&再設定が面倒と感じるかもしれません。自分のアクセスカウントについては、アクセス数が多くなればそれほど除外を気にする必要はないかと思います。ある程度のアクセス数が確保されだした場合はフィルター設定を解除しても差し支えなくなります(^^)

 

 

 

データの自動消去をさせない(重要)

最後に、とても大事な設定です。これだけは忘れないでください。
デフォルトでは、データーは26ヶ月で消去される設定になっています、これから積み上げていくあなたの頑張りを残しておくのはビジネスでブログを運営する上でとても重要です。データーが消えないように以下の設定を必ず実施しておいてください。

Googleアナリティクスは、欧州の「一般データ保護規則」(GDPR)というデータ保護法に準拠するために、データ保持期間をユーザー自身で決めることができるようにしました。また、このデータ保持期間はデフォルトで「26ヶ月間」に設定されています。

つまり、何も設定をせずにGoogleアナリティクスを使い続けた場合、約2年前のデータは消去されることになります。GDPRは、2018年5月25日に施行された法律です。

 

設定方法

Top画面の左メニュー、[管理]:下部の歯車ボタンをクリックします。
キャプチャー、管理画面

管理画面が表示されます。
真ん中のプロパティ欄の[トラッキング情報]をクリックします。
キャプチャー、トラッキグ情報

トラッキング情報の中の項目が表示されます。
[データ保持]をクリックします。

キャプチャー、データ保持

 

「ユーザーデーターとイベントデーターの保持」の画面が開きます。
デフォルトでは、データー保持の期間が「26か月」に設定されています。

26か月の右にある▼をクリックします。
キャプチャー、保存期間

 

保存期間の選択画面で、「自動的に期限切れにならない」をクリックします。
キャプチャー、保存期間を変更

画面下の[保存]をクリックします。
キャプチャー、保存

 

これで設定は完了です。(お疲れ様でした〜^^)