WordPress、一旦設定したパーマリンクを運用途中で変更する方法とSEO対策、手順を詳しく紹介

2019年2月8日

「パーマリンク設定」は途中で変更しないほうがいい、が鉄則ですが、どうしてもの必要性がある方は参考にしてください。
手順の順番が大事です、リンク切れやせっかく築いたSEO評価をそこなうことなく実施できます。

先日、パーマリンク設定の記事を書いたあと、ID表記していたこのブログのパーマリンクがどうしても気になり、一大決心をして変更することにしました。

パーマリンクとは、については以下の記事を参照ください。
↓↓↓↓↓↓↓
WordPress、お勧めのパーマリンク設定とは記事名の英語(ローマ字)表記

 

パーマリンク変更の手順

まず大事なのは手順です。

1. 「投稿ページ」、「固定ページ」、「カテゴリー」、「タグ」のスラッグを設定する

2.Permalink Redirectプラグインをインストールして、有効化する

3.パーマリンク設定を変更する

4.Permalink Redirectの設定を変更する

 

では、手順に沿って実施します。

スラッグの設定

スラッグとは、WordPressで作成された記事カテゴリータグなどを表記するコードネームです。今回パーマリンクにこの「スラッグ」を使用することにします、なので「スラッグ」がURLの末尾となります。

スラッグの表記について、以下を参考に決めてみてください。

<決め方のコツ>
*なるべく短めの英語表記で記事名を表します
*表記が長くなる場合はハイフン「ー」で区切ります
*区切りはアンダーバー「_」よりハイフン「ー」をつかいましょう
*同じ名前の記事がある場合は語尾に数字等をつけて区別できるようにします
*どうしても英語表記が難しい場合はローマ字表記を使用します
*記事の内容がわかるものにします
*後々変更しなくてもいいものにします
他の記事と重複しないようにします
*小文字のみにします
*数字だけの表記は避けます

参照URL:シンプルな URL 構造を維持する

 

投稿ページ(記事)のスラッグ

①、②ダッシュボードのサイドバーで [投稿]>>[投稿一覧]  をクリックします。
③投稿一覧の記事名の上にマウスを載せます(ポイント)。
④操作の一覧が表示されるので、[クイック編集] の文字をクリックします。

キャプチャー、記事のスラッグ

 

クイック編集画面が表示されます。
スラッグの欄に英字のスラッグを入力します。
*内容は上記のスラッグ表記の<決め方のコツ>を参照ください。

[更新]ボタンをクリックして、確定させます。
*この時点では、まだパーマリンクは変わりません。
キャプチャー、記事スラッグ

 

同じ操作を繰り返して、全ての記事のスラッグを確認して変更します。
*クイック編集を利用すると、100記事〜200記事ならすぐできます。(コツは悩まないことです^^)

 

固定ページ

ダッシュボードのサイドバーで [固定ページ]>>[固定ページ一覧]  をクリックします。

キャプチャー、固定ページ

固定ページの一覧が表示されます、
タイトル欄の固定ページ名欄をポイントします。
キャプチャー、ポイント

操作一覧の文字が表示されます、
[クイック編集] をクリックします。
キャプチャー、クイック編集

 

クイック編集画面が開きます、
スラッグ欄に入力します。(入力のコツは投稿と同じです)
キャプチャー、タイトルのスラッグ

[更新]をクリックします。
キャプチャー、更新

同じ操作を繰り返して、全ての記事のスラッグを確認して変更します。

 

カテゴリー

ダッシュボードのサイドバーで [投稿]>>[カテゴリー]  をクリックします。

キャプチャー、カテゴリー

 

カテゴリーの一覧が表示されます、
タイトル欄の変更するカテゴリー欄をポイントします。

操作一覧の文字が表示されます、
[クイック編集] をクリックします。
キャプチャー、カテゴリー一覧

 

スラッグ欄に英字を入力します。[カテゴリーを更新]をクリックします。
*カテゴリー作成時に入力(英字で設定)してある場合はそのままでOKです

キャプチャー、カテゴリーのスラッグ

*一覧画面でスラッグ設定は確認できるので、設定が必要なカテゴリーのみ修正します

 

タグ

ダッシュボードのサイドバーで [投稿]>>[タグ]  をクリックします。

キャプチャー、タグ表示

 

タグの一覧が表示されます、
変更するタグの欄をポイントします。

操作一覧の文字が表示されます、
[クイック編集] をクリックします。

キャプチャー、タグクイック編集

 

スラッグ欄に英字を入力します。[タグを更新]をクリックします。
*タグの作成時に入力(英字で設定)してある場合はそのままでOKです
キャプチャー、タグ入力

 

*一覧画面でスラッグ設定は確認できるので、設定が必要なタグのみ修正します

 

Permalink Redirectプラグインのインストールと有効化

旧URLから新しいURLへの転送処理を、一括で実行してくれるPermalink Redirect(パーマリンク リダイレクト)というプラグインを導入します。

*リダイレクト処理をしてくれるプラグインがいくつかありますが、個別でひとつひとうURLの設定が必要であったりします、Permalink Redirectは一括操作ができ、手間も時間もかからないすぐれものです。

Permalink Redirectのダウンロード

ただし、このプラグインは、WordPressの管理画面からのプラグイン検索では検出できません。
以下のURLから直接ファイルをダウンロードします。

以下をクリックします
↓↓↓↓↓↓↓

Permalink Redirect ダウンロード:https://scott.yang.id.au/pages/permalink-redirect.html

「Permalink Redirect WordPress Plugin」のサイトが表示されます。

PHPファイルとZIPファイルの二種類がファイルがあります、
どちらかをひとつをダウンロードしてください。
*ZIP形式の場合は、ダウンロード後に解凍してください
*ダウンロードはクリックすると自動的に始まります、または右クリックして対象を保存します。
(ブラウザによって動作は異なりますので、ご利用のブラウザの方法にしたがってください。)
キャプチャー、ダウンロード

保存の仕方(例 画面はChromeです)
文字の上で右クリックし、表示されたウィンドウで[リンク先を別名で保存]をクリックします。キャプチャー、リンク先保存保存場所を選択して、[保存]ボタンをクリックします。
キャプチャー、保存画面の下にダウンロード完了の表示がでます
キャプチャー、ダウンロード

 

Permalink Redirectの内容変更

ダウンロードされたファイルをエディターで開きます
*「ylsy_permalink_redirect.php」という名前のファイルです
キャプチャー、エディター編集

開いたファイルの406行目付近にある「$status=302」の302301に変更します。
変更前
キャプチャー、変更前

変更後
キャプチャー、変更後

ファイルを保存します。

Permalink Redirectのファイルをアップロード

FTPで、変更後のファイルを
[wp-content ]>[plugins]  へアップロードします。
*ファイルのみアップロードします
キャプチャー、アップロード

 

Permalink Redirectの有効化する

ダッシュボードのサイドバーで [プラグイン]>>[インストール済みプラグイン] をクリックします。
キャプチャー、プラグイン

プラグインの一覧から、「Permalink Redirect」の[有効化]をクリックします。

キャプチャー、有効化

画面上部に「有効化しました」の文字が表示されます。
キャプチャー、有効化完了

Permalink Redirect」の欄に「停止」と表示さえていれば、有効化されています。
キャプチャー、有効化の確認

 

パーマリンク設定を変更する

準備ができたら、いよいよパーマリンク設定の変更を実施します。

WordPressのダッシュボードのサイドメニュー [設定] >> [パーマリンク設定] を選択します。

キャプチャー、パーマリンク設定

パーマリンク設定の画面が開きます
まず、変更前に必ず現在の設定をコピーしておいてください(Permalink Redirectの設定で使用します)
キャプチャー、変更前の設定

 

投稿名」を選択します。
[変更を保存]をクリックします。

キャプチャー、変更投稿名

画面上部に「パーマリンク構造を更新しました。」と表示されたら、変更完了です。

キャプチャー、変更保存完了

 

Permalink Redirectの設定を変更する

最後にPermalink Redirectの設定をします。
これは、一括リダイレクトを実行してくれるプラグインです、変更前のURLが入力された際に新しいURLに転送して、表示してくれます。また旧URLで築いたSEOの評価も引き継いでくれます。

ダッシュボードのサイドバーで [設定]>>[Permalink Redirect] をクリックします。
キャプチャー、設定

元のパーマリンク設定が「基本」以外の場合は、旧パーマリンク設定を「Old Permalink Structures」欄に入力します。
*元のパーマリンク設定が「基本」の場合は入力は不要です、白紙のままでOKです。
*新しいパーマリンク設定がAvailable tags の最後尾に表示されています。

[Update Options] ボタンをクリックします。
キャプチャー、リダイレクト設定

画面上部に「設定を保存しました。」と表示されたら設定完了です。キャプチャー、変更後のURL

キャプチャー、設定完了

 

これで、パーマリンク設定の変更は完了です。

 

URLの表示確認

変更前のURLを入力して実行すると変更後のURLにおき代わってブログが表示されます。
数字のURLより、内容のわかるURLになりました(^^)

変更前のURL

キャプチャー、変更前

変更後のURL
キャプチャー、変更後