WordPress(ワードプレス)に最初から入っているプラグインの設定[初心者向け]、初期でインストール済みのプラグインについて解説

2018年8月23日

WordPress大きな特徴として「プラグイン」があります。基本インストール時にはない機能を追加することができる便利なプログラムです。WordPressのプラグインはインターネット上で無料で多く配布されています。便利な機能を簡単に追加することができるので、必要に応じてプラスしてください。

ここではWordPressをインストールした直後に既にインストールされているプラグインの中で有効化しておくべきプラグインとその設定方法について解説します。

 

WordPressにインストール済みのプラグイン

WordPressには、インストール時に既にインストールされているプラグインがあります。これらは有効化することですぐに利用できます。

ダッシュボードの左メニューから [プラグイン]>>[インストール済みプラグイン]をクリックします。

キャプチャー、インストール済みプラグイン

インストール済みのプラグイン一覧が表示されます。

キャプチャー、プラグイン一覧

これらについて説明します。

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

WordPressを運営しているうちに増えてくるスパムコメント(迷惑コメント)を自動的に判定して振り分けてくれるプラグインです。
使用するにはユーザー登録が必要です、料金の支払い画面が出ますが無料で利用できます、また”Akismet”はWordPress を運営している会社が提供・管理しているプラグインなので安心して利用できます。

有効化方法

「Akismet Anti-Spam」の[有効化]をクリック

キャプチャー、有効化

アカウント設定の画面が表示されます。
[Akismetアカウントを設定]をクリックします。

Akismetの有効化

Akismetの画面に以降します。
[APIキーを取得]をクリックします。

キャプチャー、APIキーを取得

アカウント登録画面が表示されます。
画面を下にスクロールします。

アカウント取得画面

デフォルトでは、「$5」となっているので、無料プランに変更します。
[Get started with Personal] をクリックします。
キャプチャー、無料プラン

WordPress.comのアカウントを作成します。
①メールアドレスを入力
②ユーザー名(英数字)任意のユーザー名を入力します
③パスワード(英数字)パスワードを入力します。

[続ける]をクリックします。

*こもアカウントは、ワードプレスのインストールとは別のものです、任意で作成して忘れないようにメモしておきましょう。

キャプチャー、ワードプレスアカウント

 

料金支払い用の画面が表示されます。
キャプチャー、料金支払いの画面

¥4,500/YEARの表示が見えますが、大丈夫です。(任意の料金を払って欲しいという画面ですが無料でも登録可能です。)

「¥4,500/YEAR」と書いてあるボタンを左側に向かってスクロールします。
キャプチャー、値段バー

「¥0」の表示になります。(スマイルの顔がちょっと寂しげにみえます)キャプチャー、0円に

サイト情報と名前を入力します。
①ブログのアドレスを入力します
②名、姓 を入力します。

[CONTINUE WITH PERSONAL SUBSCRIPTION] をクリックします。

キャプチャー、サイト入力

 

サイトのURLを確認して
[Actibate this site]をクリックします。
キャプチャー、ドロップシャドウ

アクチベーションが完了し、設定完了画面に変わります。
APIキーが入力されていることを確認し、[変更を保存]をクリックします。
キャプチャー、アクチベーション完了

プラグインの一覧画面に戻ると、Akismetの 「有効化」の文字が「設定」に変わっています。

キャプチャー、プラグイン一覧

これで、Akismetの設定は完了です。

ちょっと大変かな〜と億劫に思った方は、有効化は急がなくても大丈夫です。しばらくブログを運営すると、迷惑コメントは少なからず発生するようになります。それからでも、Akismetの設定はかまいません。(ありがたみがよくわかるかもしれませんね)

でも、先に設定しておくにこしたことはないので、頑張って挑戦してほしいです。

 

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch」はWordPressで日本語サイトを構築する場合、日本語関連の問題を修正するために必要です。これは必ず有効化しておきましょう

WP Multibyte Patch」を有効化する理由は次の通りです。
 ・メールの文字化けを防止
 ・トラックバックの文字化けを防止
 ・ピンバックのバグを防止
 ・文字数カウント機能のバグを防止
 ・検索時のスペース誤認識を防止
 ・ファイル名のマルチバイト部分の変換バグを防止

 ■参考サイト:以下のサイトに詳しい理由が記載されています
WP Multibyte Patchプラグインの機能とは?

設定方法

「プラグイン」>「インストール済みプラグイン」を選択
「WP Multibyte Patch」の [有効化] をクリックする。

「有効化」が「停止」に変わっていることを確認しまう
キャプチャー、プラグイン一覧

これだけです。これで完了です。

 

Hello Dolly

これは、有効化しません。(削除しても大丈夫です)
ちなみに、内容は以下です。

 

「Hello Dolly」は20世紀を代表するジャズのミュージシャンである、Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)の代表曲の1つです。

このプラグインの機能説明は以下です。

これはただのプラグインではありません。Louis Armstrong によって歌われた最も有名な二つの単語、Hello, Dolly に要約された同一世代のすべての人々の希望と情熱を象徴するものです。このプラグインが有効にされると、すべての管理画面の右上に Hello, Dolly からの歌詞がランダムに表示されます。

Hello Dollyを有効化するとワードプレスの管理画面の右上にHello Dollyの歌詞がランダムに表示されます、それだけのプラグインです。

なので、WordPressやブログの運用には関係ありません(^^)。

ただ、ちょっと変わった使い方として
ランダムに表示される言葉は変更する事ができます。
[プラグイン]>>[インストール済みプラグイン]>>[Hello Dolly]>>[編集] を開き

歌詞が記述されている部分を好きな言葉に変更すればOKです。

ちょっと気分転換に作業してみてもいいかもしれません。

 

TypeSquare Webfonts for エックスサーバー

「エックスサーバー社」が提供する各レンタルサーバーサービスで「モリサワ」が提供するWebフォントサービス「TypeSquare」を利用できるプラグインです。

フォントテーマ機能を使用することで、見出しや本文などの各箇所に対して、サイトの雰囲気に合うWebフォントを簡単に設定できます。

*「エックスサーバー」「wpX」「シックスコア」「X2」以外のサーバーでは動作しません

 

使用は任意で、おしゃれなフォント(書体)でブログのイメージアップができます

使用方法や詳細については以下を参照ください
↓↓↓↓↓↓↓
TypeSquare Webfonts for エックスサーバー

 

まとめ

ということで、WordPrassの初期設定でインストール済みのプラグインの設定は以下。

Akismet Anti-Spamできれば有効化(必要になってからでもOK)
Hello Dolly:不要です、削除しても大丈夫
TypeSquare Webfonts for エックスサーバー:使用する機会があれば有効化
WP Multibyte Patchかならず有効化

キャプチャー、プラグイン有効化済